行橋市 ACLS プロバイダー【1日】コース

 

令和元年9月5日(木)

申込

 

会場:サンワークゆくはし

福岡県行橋市今井3613-4

 


 *** 個別の依頼出張講習に対応いたします ***

福岡県北九州市内でのAHA-ACLSプロバイダー1日コース公募講習を不定期で公募をしていますが、受講希望者4名で、病院等への出張講習に対応しています。会議室や公民館など場所さえ確保いただければ、機材を揃えてお伺いします。気軽にご相談ください。→出張、講習依頼


アメリカ心臓協会AHA公認のACLSプロバイダーコースを、通常2日間で開催されますが、BLS大分ではマネキン1体あたりの受講者人数を制限することで時間を短縮1日でコース終了します。

日本国内においても、麻酔科専門医や循環器専門医の申請要件のひとつとなっている公式な資格証です


コース名:行橋市ACLS Provider Course G2015 

 (成人傷病者への心原性心停止二次救命処置)

 

開催日: 令和元年9月5日(木)

 

時 間: 10:00~20:00 (受付開始 9:50)

 

場 所: サンワークゆくはし

                   (福岡県行橋市今井3613-4)  

 

対 象: 医師、看護師、救急救命士、医療系学生

 

条 件: AHAガイドライン2015準拠の成人へのBLSができること

(BLSプロバイダーカードの有無は問いません)

 

受講料: 26,000円 

(テキスト代、昼食代、ピンバッチ代は含みません)

 

 テキストは各自であらかじめ書店にてご購入ください。

 ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015準拠 ¥7,560

 

筆記試験: 50問 四者択一式(84%以上で合格)

 

実技試験: 成人1人法+AED、呼吸停止の管理、ACLSメガコード試験

 

修了証(カード) 

コースの全過程に参加して、筆記試験と実技試験に合格すると

英文による修了証/ACLS Providerカードが発行されます(カードは後日郵送の形になります) 

 

主 催: BLS大分(BLS/ACLS-AED大分)

提携TC日本医療教授システム学会 JSISH-ITC

 

   ※モニター除細動器はシミュレーターを用いるため、パッドショックのみとなり、パドルの操作は含みません。

   ※時間がタイトなため、昼食はランチョンセミナー形式でお摂りいただきます。各自弁当などをご用意ください。

   ※コース時間が延長する可能性もありますので、帰路には余裕をもってご計画ください。

   ※ACLS受講にはe-Learning学習が必要です。e-Learning学習の手順は下記の「ACLSプロバイダーコースの受講

    条件」に記載しています


ACLSプロバイダーコースの受講要件

 

ACLSプロバイダーコース受講者は、Onlineで提供されるプレテスト(必須自己評価)で70%以上の正答が求められています。

コース中では、

 1.BLS技能と知識
 2.心電図
 3.蘇生に使用する薬剤

に関しては既習のものとして進行します。十分な事前学習と理解が必要です。

詳細はG2015準拠テキストをご購入いただき2~3ページをご確認ください。またiiページに記されているURLとコードで、受講者学習サイトにログインすると、e-Learning形式の必須自己評価とスキル動画にアクセスできます。

受講前自己評価開始はこちらから事前学習サイト

 

手順

①[ Enter code from manual ]ACLSプロバイダーマニュアル(AHAガイドライン2015準拠)日本語版ページ下部記載のコードを入力する

 

You must judge yourself」のページでstartボタンを押す

 

評価開始押した後、氏名入力する。

 

事前問題

 内容:

  •  心電図20問 薬物20問 臨床的応用20
  •  気道確保、ACSStroke、質の高いBLSのビデオを視聴する

自己評価終了後、「自己評価証明書」を印刷する