ACLSプロバイダーコース公募開催(2019年) 

申込はパソコンのかたはPC用からスマホのかたはスマホ用から申込されてください)

      

 第5回 9月   1日  コンパルホール大分     (大分市)        10時~20時   申込→(PC用 (スマホ用)   募集中

 第6回   9月   5日  サンワークゆくはし          (行橋市)        10時~20時   申込→(PC用 (スマホ用)   キャンセル待ち

 第7回 10月 24日  クローバープラザ      (福岡市)        10時~20時   申込→(PC用 (スマホ用)   募集中 

 第8回 11月   2日  大分市情報学習センター     (大分市)        10時~20時   申込→(PC用 (スマホ用)   募集中

 第9回 11月   9日  クローバープラザ      (福岡市)        10時~20時   申込→(PC用 (スマホ用)   募集中 

   第10回 11月30日  クローバープラザ      (福岡市)        10時~20時   申込→(PC用 (スマホ用)   募集中 


ACLSプロバイダーコース

 

ACLS(二次救命処置)コースは、成人の「救命の連鎖」の最後の2つ、二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support)から自己心拍再開後のケアの導入までをカバーした高度な救命処置を学ぶトレーニングです。

日本における職務範疇としては、蘇生チームのリーダーと成る医師・歯科医師を想定していますが、二次救命処置に関わるすべての医療スタッフが知っておくべき内容となっています。

DVD教材を使ったレクチャー、ディスカッション、シミュレーショントレーニングからなるコースでは、すべての蘇生の基本となるAED操作を含めたBLSの再確認、手動式除細動器の使い方、気道管理、VF/Pulseless VT、PEA/Asystole、安定な頻拍、不安定な頻拍、徐脈、脳卒中、急性冠症候群など、心停止と心停止に至る直前状態の評価と対応をAHAガイドライン2015のアルゴリズムに沿って学びます。

AHAガイドライン2015に基づいたACLSプロバイダーコースでは、質の高いCPR(BLS)の重要さと、一丸となって蘇生という目標に向かって活動するためのチームダイナミクスが強調されており、医師・歯科医師以外の医療スタッフにとっても有用なコースです。 



BLS大分の特徴

  1. 少人数制-受講生レベル・ニードに合わせた指導
  2. ACLSを2日ではなく1日で修了できます
  3. 出張コース開催可能
  4. 当サイトで受講された人でカード有効期限内であれば、見学参加は無料
  5. BLSプロバイダー資格や受講歴は不要(AHA規約準拠)→詳細

ACLS1日コースの魅力

 

通常ACLSコースは、2日間で開催している団体が全国的に主流ですが、当会のACLS1日コースは少人数制で実施することで、1日での開催を可能としています。2日間の休みが確保しにくい医療者に喜ばれています。



使用テキスト

 

ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠が必要です。

 

● コースの事前に各自でご購入のうえ、予習していただけますようお願いします。

● コース当日は必ずご自分の教材をお持ちください。テキストが無いと受講できません

 

  

 


 

 

 

 

 

 

 

 

ACLSプロバイダー認定証

 

当会主催のACLS1日コースではG2015に刷新された最新のデザインの(上図カード)が、提携している日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターより発行されます。

カードは後日郵送の形になります 

 

 

 

 

 

 

 

 

ACLSピンバッチ

 

 



ACLS プロバイダーコースの概要

 

心肺停止及び呼吸停止に対する二次救命処置および重症不整脈・急性冠症候群・虚血性脳卒中の初期診療について学ぶコースで、これらの世界標準かつ世界最先端の知識と技術を習得する。

 

受講資格

 

二次救命処置が職務範囲の専門職(医師、歯科医師、看護師、救急救命士、臨床工学技士)

 

受講要件→詳細

 

受講料

 

   ピンバッジなし28,000   

ピンバッジあり29,000

             

必要なものテキスト、筆記用具

 

コース時間約10時間

 

筆記試験84%以上の正解 (50問中42問正解が必要)。テキスト・資料持ち込み可

 

実技試験成人への一人法CPR+AED、呼吸停止への対応、ACLSメガコード試験

 

 


受講の注意点

  

  本コースはipadによるモニター除細動器での運営となります。 

  高規格シミュレーター、実機の除細動は使用しませんのでご了承ください。

●コース当日は必ずご自分のACLSプロバイダーマニュアル(AHAガイドライン2015準拠)をお持ちください。教材が無いと受講できません。

● 筆記テストがございますので十分に教科書を熟読の上ご参加下さい。

● AHAのすべてのコースは、最初から最後までご参加いただけることを基本としています。遅刻・途中退席・早退などの場合はコースを終了したものとはみなされないことがありますのでご留意ください