BLSプロバイダーコース公募開催

 

第11回 6月 30日   中津情報プラザ       (大分県中津市)  10時~15時   申込→   (PC用) (スマホ用)    キャンセル待ち

第12回 8月   5日   コンパルホール大分        (大分県大分市)    12時~19時   申込→   (PC用) (スマホ用)   残席3/最大6

第13回 8月   6日   ホルトホール大分      (大分県大分市)    12時~19時   申込→   (PC用) (スマホ用)    残席6/最大6

第14回 8月 11日   北九州市立男女共同参画センター (福岡県北九州市) 10時~16時   申込→   (PC用) (スマホ用)    残席1/最大6

第15回 8月 16日   北九州市立男女共同参画センター (福岡県北九州市) 10時~16時   申込→   (PC用) (スマホ用)    残席6/最大6

 


BLSプロバイダー・コースとは

職務として救急対応を行う人たちの中でも、医療従事者ないしはそれに準じるような水準が求められる職業人のための一次救命処置(Basic Life Support)研修プログラムです。

医師、看護師、コメディカルのような医療機関で働くヘルスケア専門職の他、救急隊員、救急救命士、スクールナースのようなプレホスピタル(病院前)での対応が求められる専門職も、受講対象となっています。

特に、今回のAHAガイドライン2015コース改定により、以前は BLS for Pre-hospital Provider Course(日本語化はされていません) として別設定されていたコンテンツが、BLSプロバイダーコースDVDに同包されるようになりました。日本でも、病院外で活躍する専門職種にとって、より具体的で実践的な学びが得られるようになりました。


BLS-IFP コースと BLS-PHP コースの違い

G2015版のBLSプロバイダー正規コースでは、Life is Why というスローガンにもとづいて、リアルな状況をイメージして学ぶことで、現場への転用に重きをおいています。

そのため、病院内(施設内 in facility)でのシチュエーションと、病院外(プレホスピタル Prehospital)のシチュエーションを分けて、2つのシナリオの映像教材が作られています。


BLS Provider コースの概要

コース内容 

成人・小児・乳児の心肺蘇生法(一人法/二人法)、AEDの使い方、ポケットマスク、バッグバルブマスクの使い方、成人・小児・乳児の窒息への対処法、補助呼吸、挿管時のCPR、オピオイド過量に対するナロキソン投与を含めたプロトコル

 

受講資格:どなたでも受講可(年齢制限なし)

 

受講対象

1.高度な心肺蘇生技術を身につけたい方
2.医療従事者(医師、看護師、救急救命士、歯科医師、養護教諭等)
3.職業的に複数人で心肺蘇生を行なう可能性がある人

 

コースの特徴

DVD教材を用いてリアルな急変対応現場をイメージしつつ、映像に合わせて実技練習をする

 

受講料:¥15,000(標準価格:18,000円)

    

 

必要なもの:テキスト、筆記用具

 

コース時間:約6時間

 

筆記試験:84%以上の正解 (25問中21問正解が必要)。テキスト・資料持ち込み可

 

実技試験:成人への一人法CPR+AED、乳児への二人法CPRとBVM換気

 

修了証(カード):

コースの全過程に参加して、筆記試験と実技試験に合格すると英文による修了証/BLS Providerカードが発行する(カードは後日郵送の形になります)


AHA心肺蘇生法国際ガイドライン2015に基づいた一次救命処置(BLS)のすべてを学びます。
  1. AHAガイドライン2015準拠
  2. 乳児を含めたすべての年齢対象に対するBLSトレーニング
  3. バッグバルブマスクを標準とした人工呼吸訓練
  4. 現場のリアルを追求した新たな設計による映像教材
  5. 医療施設勤務者(IFP)とプレホスピタル従事者(PHP)それぞれに合わせたハイブリッド教材

BLS/ACLS-AED 大分の特徴は

  1. 少人数制-受講生レベル・ニードに合わせた指導
  2. 予約対応 – 2名様からご希望の日時でコース開催
  3. 心停止の原因を理解し、「考える蘇生」を目指します 
  4. 出張コース開催可能(現在は福岡/北九州市・大分/中津市で開催)

講習会場での左写真のテキストの販売は致しません。また受講料金にも含まれていません。

AHA-BLSコースでは、受講に際して1人1冊のテキスト持参が求められます。講習会の学びを最大限にするためにも、事前に購入頂き、事前学習いただくことをお勧めいたします。

 

 「 日本語版ほかの販売紹介」

 Amazonクリック

 シェパード☛クリック

 


BLSプロバイダー認定証

提携している日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターJSISH-AHA-ITCより発行されます。世界的に最も効力範囲の広いAHA公認の資格!米国では臨床実習が開始される医師や看護師にとって必須資格となっており、職業ライセンス資格として2年ごとの資格更新も義務づけられています。日本では、各種専門医・認定医を取得するうえでの必須資格となっています。 

 


BLSピンバッチ

 

BLSピンバッジは、AHA-BLS受講を正式に証明するものではありません

 


受講の注意点

● 筆記テストがございますので十分に教科書を熟読の上ご参加下さい。

● AHAのすべてのコースは、最初から最後までご参加いただけることを基本としています。遅刻・途中退席・早退などの場合はコースを終了したものとはみなされないことがありますのでご留意ください

●実技では 床にマネキンをおいて人工呼吸、胸骨圧迫を行いますので軽い運動ができるような服装でおいで下さい

●当サイトではポケットマスクは洗浄・消毒済みのものをレンタルでお貸ししています。


BLSコース開催風景